SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い パート・アルバイト大募集
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

女性の憧れ!フレンチ風シャビーシックなインテリアコーディネートのコツ

おすすめコーディネート

女性の憧れ!フレンチ風シャビーシックなインテリアコーディネートのコツ

女性を中心に人気の高い「シャビーシック」なインテリア。ペンキがはがれた使い込まれた家具に、レースやフリルを使った上品なファブリックを合わせたアンティークな雰囲気が魅力です。なかでも、フレンチ風シャビーシックは、白色を多めに使ったロマンチックなインテリアが印象的。こんな部屋で暮らしてみたいと憧れる方も多い人気のスタイルです。そこで、シャビーシックの原点をたどりながら、そのインテリアコーディネートのポイントをご紹介します。

シャビーシックってどんなスタイル?

1.jpg

海外から日本へと人気が広まった「シャビーシック」とは、どんなインテリアスタイルなのでしょうか。知っているようで知らない「シャビーシック」の定義をおさらいしてみましょう。

まずは、「シャビーシック」という言葉の意味を考えてみましょう。「シャビー(Shabby)」とは、「使い古された」「古びた」という意味。「シック(Chic)」はファッション用語としても耳にしますが、「上品な」「落ち着いた」という意味があります。つまり、「シャビーシック」とは、「使い古された感じで上品な」という状態を表す言葉ということになります。

次に、シャビーシックの歴史を振り返ってみましょう。シャビーシックというインテリアの概念が生まれたのは、1989年のカリフォルニア。レイチェル・アシュウェル氏が、自身のインテリアブランド「Rachel Ashwell Shabby Chic Couture(レイチェル・アシュウェル・シャビーシック・クチュール)」を創設したことがはじまりです。

ブランド哲学は「完璧ではないからこその美しさ」。使い古された家具は、ペイントのはがれや欠けがあるけれど、それは愛用された証。だからこそ、アシュウェル氏は、美しく味わいのあるアンティークに心惹かれるのだそうです。シャビーシックとは、そんな彼女のインテリア美学が詰まったこだわりの空間。つまり、シャビーシックとは、アンティークを中心に良質なものを大切に使い続け、古びた家具が醸し出す美しさを楽しむ、そんな心地よい暮らしを提唱するインテリアスタイルなのです。

シャビーシックな空間作りから始めよう

P19−シャビーイメージImg0527.jpg

部屋のインテリアをシャビーシックな雰囲気にするコツは、「抜け感」を出すこと。住む人の暮らしや個性が感じられるよう、つくり込み過ぎずラフさを残して、リラックスできる部屋作りをしましょう。

白のアイテムをレイヤード使いで

フレンチ風シャビーシックな部屋にするには、「ホワイト」を多めに使うのがコツ。リビングのソファカバーや、ダイニングのテーブルクロス、ベッドファブリックなど面積の広いアイテムを、ホワイトや白っぽいミルキーカラーに変えてみましょう。また、ファブリックにレースを重ねて、質感の異なる白いアイテムをレイヤード使いすると、簡単に白の分量を増やせます。アイロンがけしたパリッとしたものよりも、洗いざらしのような風合いのファブリックのほうがアンティークな空間に似合います。

ユーズド感あふれるアイテムを加える

シャビーシックらしいアンティーク感を出すには、センターテーブルやチェストなどに、使い古された感じのあるユーズド家具をひとつ加えてみましょう。アルモワールキャビネットのような上品なフレンチテイストの家具があれば、もちろん文句なしですが、手持ちの家具をDIYでシャビーシック風にペイントするという方法もあります。その際も、きっちりと塗り込まず、わざとムラ塗りして無造作な感じに仕上げましょう。

ファブリックはナチュラル&エレガントに

3.jpg

ラフさのなかに上品さを感じさせるのが、シャビーシックスタイルのポイント。ファブリックは、ナチュラルな質感ながら上質さが感じられる素材を選びましょう。

素材は綿やリネンを中心に上質なものを

肌に心地よいファブリックといえば、綿やリネンなどの自然素材。長く愛用することを考えれば、少し贅沢をして上質なフレンチリネンをそろえるのもいいですね。使っていくに従って、くったりとした風合いが増すリネンは、「良質なものを大切に使い続ける」というシャビーシックのブランド哲学にもぴったり合った素材といえるでしょう。

フリルやレース使いでエレガントに

使い込まれたファブリックを美しく見せるには、どこかにエレガントな要素をプラスしましょう。ファブリックにたっぷりとギャザーを寄せたり、裾をフリル仕立てにしたり、アンティークレースのクロシェやリボンを重ねたりと、フェミニンな印象をプラスすれば、より上品でクラシックなシャビーシックスタイルが実現します。

シャビーシックスタイルを楽しもう

4.jpg

上級コーディネートにみえるシャビーシックスタイルも、コツさえつかめば難しくありません。ホワイトと淡いカラーの上品な色使い、美しく味わいのあるアンティーク家具、風合い豊かなファブリック、フェミニンなディテール、こうしたコツを上手に取り入れれば、あなたのお部屋もおしゃれなシャビーシックスタイルに変身するはずです。愛着を感じるものを大切に使っていく、心地よい暮らしを楽しんでみてくださいね。

過去のブログ

ページの先頭へ