SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い パート・アルバイト大募集
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

カーテンの選び方とおススメ

暮らしのアイデア

カーテンの選び方とおススメ

カーテンを選ぶなら、光の遮断性など実用性も大事になってきます。また、お気にいりの素敵なカーテンを選んで部屋にアクセントを付けるのも手段です。それに、カラーにも気を配り部屋と調和させることも意識するのがポイントです。

カーテンというと、普段何となく使っているかもしれません。しかし、カーテンを変えるだけでもその部屋の印象をガラリと変えることができます。ちょっと部屋の雰囲気を変えたいという時もあるでしょう。そういった時にも、カーテンを変更するだけでも模様替えになるのです。

カーテンはどんな風に選べば良いの?

072ddf095f8684950f0a416e78908d11_m.jpg

カーテンを選ぶ際は、ただ見た目が良いだけでなく、実用性も重要です。せっかく見た目が良くても、思っていたよりも光を遮ってくれなかったということになれば、すぐにでも交換したくなってしまうほどです。

カーテンについてあまり意識したことがない人は、適当なもので良いと考えがちです。しかしそうではなく、自分の部屋に合った素敵なカーテン選びをしてみてはいかがでしょうか。そんなニーズに応えてくれるカーテンがあります。

オーソドックスなカーテンだからこそ誰にでもオススメ

ここで紹介するカーテンセットは、リーズナブルな値段でありながら見た目も良く、やわらかい印象を受けるカラーが特徴です。値段が安いので2セットそろえて変えていけば、色々なイメージの部屋を演出できるのも特徴です。

どんなカーテンなのか?

このカーテンは、ドレープカーテンとレースカーテンが、それぞれ2枚ずつセットになっています。サイズは幅が100cmで丈が135cmとなっているので、一般的なサイズの窓なら問題なく使えます。カラーリングはピンクとグリーンですが、どちらも淡い印象を受けるカラーリングになっているので、部屋を明るく彩ってくれます。

ドレープカーテンだけではなくレースカーテンもあるので、ちょっと日光を抑えたいという時はレースカーテンだけで使うこともできます。夏のように日光の強い時期は、エアコンなどで温度は抑えられても、日差しが強く感じることはよくあります。そんなときにレースカーテンがあるのとないのとでは、大違いなのです。

カーテンの種類によっては、レースカーテンは別売りになっています。しかしこのカーテンセットなら、2枚ずつのセットで普通のカーテンを買うくらいの値段で手に入れられます。アジャスターフックも付属しているので、購入したカーテンを着けるためのフックを別に買い求める必要もありません。通販でものを買うと、あると思っていたものが付属していないため失敗をしてしまうこともありますが、これなら安心です。カーテンを使わないときにまとめるタッセルも2本付属しているので、このカーテンセットだけで、ほかに買う必要はありません。

普段何げなく使っているカーテンは、汚れが付きやすいものです。遠目で見ている分には良いのですが、近くで見るとホコリがたくさん付いていることに気づくこともあります。そのためこまめな洗濯は必要不可欠です。しかしカーテンの洗濯中は、どうすれば良いのかという問題も出てきます。このカーテンセットは値段もお手頃なので、それぞれのカラーを買ってみてはいかがでしょうか。使い分ければ、それだけ色々な雰囲気を楽しめるようにもなるのでオススメです。

素敵なカーテンで部屋にアクセントを付けよう

日光も、カーテンの色を通すことによって受ける印象が変わります。たかがカーテンと思っている人もいますが、意識をしてみると色々な面が見えてくるのです。安くて良いものが一番と考えている人にとって、このカーテンセットはとても良い買い物になるでしょう。

季節に応じて使い分けるのも良いですし、こまめに洗濯をして交換をすることで変わる部屋の雰囲気も楽しめます。そうなると、もっと色々なカーテンを試したくなるかもしれません。

カーテンを選ぶならカラーもやっぱり大事!

ff8980f0deda92b04b3eb101f315394a_m.jpg

カーテンを選ぶとしたら性能面を重視する方法がありますが、カラーもしくは柄で選ぶ手段もあります。しかし、カラーを選ぶ際に迷ってしまう方も少なくないかもしれません。中には、カラーを選ぶのに困るからいつも同じ好きな色を購入してしまう方もいるでしょうし、カラー選びのセンスに自信がなく同じ色ばかりになってしまうというケースもあります。カラーを選ぶとなると、色に関係する特別な感覚を持ち合わせていないとだめなのではと考える方もいるでしょう。しかし、カラー選びには色についての何らかのセンスは必要ないのです。色についての僅かな知識さえあれば、カーテンだけでなく部屋の色使いにも変化が付けられます。

カーテンのカラー選びに特段センスは必要なし!

まず、カーテンのカラー選びで大事なのは、部屋とカーテンの色合いを合わせる点です。そうすることで、部屋の色合いからカーテンのカラーが浮いてしまうのを防止できます。よって、最初に自身の部屋の色について把握しておくのがポイントになるのです。部屋の配色については、カラーの選び方が3種類あります。まずベースカラーが70%となっていて、部屋の基本となる色で床や壁紙、天井の色が該当します。続いて25%はメインカラーであり、部屋の雰囲気を決定付ける色です。ソファや家具、カーテンなどの色となります。

残りは5%のアクセントカラーです。要するに差し色のことであり、色として引き締めや変化が付けられます。クッションもしくは小物などに使われるカラーとなります。カーテンはこの3種類の中でアクセントカラーに分類されて、インテリアの中心を担う色でもあるので、その点を重視して選ばなければいけません。つまり、カーテンの色を部屋の中の他のソファなどのアクセントカラーと統一することで、部屋の色自体がまとまってくるでしょう。

色のまとめ方にはどういったものがある?

色には、色相還というものがあります。虹色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)に赤紫を加え、リング状に並べたのを色相還と言います。色は赤などの暖色から青等の寒色まで様々ですが、色相還で近い色同士で選んだなら安定感が感じられる可能性がありますし、遠い同士ならメリハリが効いた印象となります。この方法を、3種類で部屋の色違いに当てはめられます。同一色は同様の色味において異なるトーンのカラーを組み合わせる選び方です。カーテンも部屋と同一色で合わせるとシックかつ落ち着いた雰囲気の部屋にできます。他の色味は入らないので、まとめやすくなりますし失敗することもあまりありません。

類似色は、色相還の中の左右2色くらいの隣り合う同士の色合いで組み合わせる手段です。似た色合いのためぶつかってしまうこともなく、安心感を持って利用できるのではないでしょうか。反対色は、色相還で反対側に位置する色同士を選ぶ手段です。お互いの色を引き立ててメリハリのある選び方であり、元気であり明るさのある雰囲気にできるのです。カーテンをカラーで選ぶなら、部屋の全体的なまとめ方を考慮して色選びを考えるなら、カーテンの色のみが部屋の中で浮くということもないのではないでしょうか。

カーテンのカラーは心理効果での選び方もあるから注目!

501f5983f30665eb4b2241d72a83b893_m.jpg

カーテンなどの部屋の色使いの選び方について悩まれる方もいるかもしれません。部屋のテーマとなるカラーが決まっていない場合です。それなら、色の心理効果を利用して、カーテンの色選びをする手段もあります。色というのは、それぞれが与える印象次第で心理効果があり、目的とする効果に合わせ選べるのです。例えば暖色の赤色は、食欲を増進したり血流を増加させるなど、心身を元気にしてくれる色味です。とは言え、興奮作用もあるカラーなので、カーテンのベースカラーにするというよりは、柄の色もしくは差し色に入っている程度の留めるのがおすすめです。それに、寝室のカーテンに選ぶのはNGです。

それぞれのカラーの心理効果とはどんなもの?

ピンクは赤色と同系色ですが、女性に関しては心身においてよい影響を与える可能性があるカラーです。リラックス効果や癒しの効果もあるため、寝室のカーテンにはピンクを選ばれるのも選択肢です。黄色は部屋を明るくして、賑やかな雰囲気にしてくれて神経を刺激してテンションを上げてくれます。興奮作用のある色なので、トーンが淡い色のものを選ぶか、差し色に黄色が使われているものを選ぶのはいかがでしょうか。オレンジはビタミンカラーとなっていて、黄色と同様にはつらつとしたイメージとなるカラーです。食欲増進効果がありますし食事を美味しく見せられますので、リビングもしくはダイニング、キッチン等にオレンジのカーテンを用意するのもおすすめです。

さらに緑色は植物を想起させるため、疲労回復およびリラックスなどの癒し効果が得られます。カーテンに緑色を使うなら、リラックスに利用するリビングや寝室に選ぶのも1つの手ですし、落ち着きが求められると思われる書斎に使用するのも一案でしょう。青色の場合は、精神面での落ち着きを促進してくれますし、集中力も高めてくれます。知的なイメージもあり書斎や勉強部屋に青色のカーテンを用意される選択肢もあります。それでも、食欲を減退させる色味となっているので、ダイニングなどには不向きと考えられます。ベージュや茶色系のカーテンは、どちらも他の色を際立たせられるカラーであり、親しみやすさや安心感が持てます。ベージュや茶色のカーテンは、リラックスできるリビングもしくは寝室などで使用するのが適しているのです。壁とカーテンの色を合わせると、窓の印象が弱まるので、部屋を広く感じる効果が得られます。モダンさがありクールな印象のグレーや黒は、生活感を感じさせないイメージがあります。ただ、色の心理効果では緊張感があり疲れやすくなるので、グレーや黒でのカーテン選びには注意が必要です。

カーテンのおすすめはこれ!

sweet-deco_241-26675.jpg

ジャガード繊維によって織られた、平織りの敷物であるキリムのカーテンはいかがでしょうか。特に白を中心としたカーテンは窓辺を爽やかに演出してくれますよ。

キリムというのは、アナトリア高原から広がっている、チュルク族や遊牧民らが織る、平織りの敷物のことなのです。こちらのカーテンを使用すると、きっと爽やかな窓辺を演出できるのではないでしょうか。丸洗いもできるため、洗濯をするにも便利な商品となっています。選ぶ際の参考にされてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した商品

ドレープカーテン2枚+レースカーテン2枚

「すぐに使える一窓セットカーテン」

【遮光カーテン】
■カラー : ピンク、グリーン

■サイズ : 幅 100cm×丈 135cm

■素材 : ポリエステル


【レースカーテン】
■サイズ : 幅 100cm×丈 135cm

■素材 : ポリエステル

■価格:¥4,790(+消費税)

過去のブログ

ページの先頭へ