SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い パート・アルバイト大募集
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

組み合わせ自在!おしゃれをもっと楽しめる「ダイニングチェア」の選び方

おすすめコーディネート

組み合わせ自在!おしゃれをもっと楽しめる「ダイニングチェア」の選び方

ダイニングテーブルとセットで購入することが多いダイニングチェア。なかには、テーブルは気に入っていても、椅子はイマイチ......と感じたことがある方も多いのでは? 最近では、より快適な暮らしを求めて、ダイニングチェアを買い替える人が増えているようです。座り心地やインテリア性、機能性を重視した、わが家にぴったりのダイニングチェアを探してみませんか?

手持ちのテーブルにぴったり!ダイニングチェアのサイズの選び方

7-4A1.jpg

手持ちのダイニングテーブルに最適なダイニングチェアを選ぶ際に、まず大切なのはダイニングチェアの高さです。ダイニングチェアの座面からテーブルの天板上面までの距離が2530センチメートルになるものが、ちょうどいい高さ。例えば、テーブルの高さが72センチメートルなら、ダイニングチェアは4247センチメートルが適しているでしょう。

また、座る人の身長によって、理想的なダイニングチェアの高さが変わります。そのほかにも、普段から足を組むのが好きな人やスリッパを履く人は、ちょうどいいダイニングチェアの高さが違うかもしれません。人が安定して椅子に座るためには、両足がぴったりと床に着いて膝の角度が直角になるのがベストだといいます。

目安としては膝下の長さと椅子の高さが同じくらいであること。自分では座っている様子が分かりにくいため、写真に撮ってみるといいですよ。お気に入りがあったけれど、少し高さが合わないというときは、クッションや座布団などで微調整することも可能です。

椅子の座り心地は個人差も大きいものです。理想的なサイズの選び方を踏まえて、自分が一番リラックスできる高さを探してみてくださいね。

どんなダイニングにしてみたい?用途を考えてみる

7-4C_10179005341.jpg

ダイニングは食事だけの場所とは限りません。子どもの勉強スペースになったり、お父さんやお母さんが読書や仕事で使ったりすることも。一日どのくらいダイニングにいるかで、ダイニングチェアに求める要素も違ってきます。

長時間ゆったりと座るのであれば、肘掛けや、座面や背もたれにクッション性があるものがリラックスできます。子どもが小さいときは、子ども用の椅子も必要ですね。色や素材感、デザインなどをダイニングチェアと合わせれば、一体感が生まれます。

お客様が多い家庭は、来客用のダイニングチェアも用意しておきましょう。来客用を収納しておくなら、重ねて収納できるスタッキングチェアや折り畳み式のダイニングチェアがおすすめです。

家庭ごとに、ダイニングの目的もダイニングチェアの役割もさまざまです。わが家の用途をイメージしてから、理想的なダイニングチェアを探してみましょう。

ダイニングチェアは全部そろえる?バラバラにする?7-4B_10236000307.jpg

ダイニングチェアを選ぶときのポイントになるのは座り心地、色、素材、デザインの4点です。手持ちのダイニングテーブルや家具、カーテンなどのインテリアに合わせて、色や素材、デザインなどを統一すると全体的にまとまりができ、落ち着きます。

反対に、あえて一脚ごとにバラバラにして、そろえないのもおもしろいですね。大人と子どもでは当然椅子のサイズが変わってきます。また、女性と男性でも座りやすい椅子は違います。さらに、年配の方なら座面が回転するタイプが楽なことも。座る人のことを考えたらダイニングチェアがバラバラになることもありそうですね。バラバラになったとしても、色や素材などどこかで統一感があればおしゃれです。

なお、あれこれ迷ったら、奇抜なダイニングチェアを選ぶより、シンプルで座り心地がよいものを選ぶのがおすすめです。オーソドックスなダイニングチェアなら家族みんなで長く使えます。

新しいダイニングチェアで、家族みんながくつろげる空間に

7-4D.jpg

ダイニングテーブルとセットだったからと、なんとなく使い続けてきたダイニングチェア。思い切って見直して、快適ですてきなダイニングに生まれ変わらせてみませんか? 家族みんなでくつろげる空間になるといいですね。

過去のブログ

ページの先頭へ