SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い パート・アルバイト大募集
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

主婦だって欲しい!部屋がなくても自分の空間を作る方法

おすすめコーディネート

主婦だって欲しい!部屋がなくても自分の空間を作る方法

子どもや夫のことが最優先で、自分のことは後回しになりがちな主婦のみなさん。家族との時間は大切だけど、たまには自分だけの空間でくつろぎたいと思うことはありませんか? といっても、日本の住宅事情では、主婦が一人部屋を持つのはなかなか難しいもの。でもご安心を! 部屋がなくても、ホッとできる自分だけのスペースは工夫しだいで作り出すことができるのです。

自分だけの空間でやりたいことは何ですか?

7-8B_10161000238.jpg

もしあなたのホッとできる時間の過ごし方がDVD鑑賞やTVゲームだとしたら、わざわざスペースを作らなくても、リビングのソファに座って大画面TVで楽しんだ方がいいでしょう。自分だけの空間は、ひとときだけ家族のことを忘れて自分の世界に浸ることができる場所です。読書やハンドメイドなどの趣味、ノートパソコンを置いてネットショッピング、なかには仕事をする人や、家計簿をつけたいという人もいるでしょう。ダイニングテーブルの片隅ではなく、小さくても自分だけのスペースを設けることで、日常の生活から自分の時間への切り替えが上手にできるようになります。時間と空間を有効に使って、集中したり没頭したり、ホッとリラックスしたり、やりたいことができるなんてすてきだと思いませんか?

どこにでも作れるプライベートスペース

7-8A_10367007961.jpg

リビングやダイニングの一角に

家族みんなの共有スペースであるリビングやダイニング、キッチンでも、例えば棚と棚の間に天板を一枚渡して丸椅子を置くだけで、小さな書斎ができあがります。壁に向かう体勢でスポットライトをつければ集中力がアップ。家族の気配を感じられるので、必要なときには主婦に戻るのもカンタンです。

ベッドルームの一角に

ドレッサーと書斎を兼ねたような、小さな机と鏡があるスペースを設けてみましょう。就寝前の読書も、ベッドでだらだらとするより、机に向かった方が効率的です。ウォークインクローゼットの中を整理してミニ書斎を作るのもおすすめ。個室の雰囲気で、よりプライベート感を味わえます。

意外なデッドスペースに

階段の下を物置きに使っているご家庭は多いですが、半個室の小部屋としても利用できます。椅子に腰かけた体勢なら、階段下の高さがあれば十分です。また、見落としがちなのがベランダのちょっとしたスペース。外に向かう形で小さなテーブルセットを置けば、開放的かつ自分だけの場所が生まれます。

もともとあるアイテムを利用

収納ボックスの上にクッションを置いてベンチとして使う、出窓の台の部分を机代わりにする、ミシン台を作業台としても使うなど、ひと手間加えてスペースを作り出す方法も。手間が少ないほど使う頻度が高くなるのは言うまでもありませんね。

つい足が向かうお気に入りの空間を作るコツ

7-8B1.jpg

好きなものに囲まれる空間に

好みの部屋をイメージしたデコレーションにしたり、コレクションを飾ったり、ハンドメイドの材料をきれいに並べたり。自分の部屋が持てなくても、「ここだけは私の場所」と思える空間作りをしましょう。好きなものや、やりたいことに関係するものに囲まれていれば、そこに座るだけでリラックスできるはずです。

ゆるい仕切りを作る

共有スペースの一角を利用する場合、最もプライバシーが確保できるのは床から天井まで仕切ってしまうこと。そこまでしなくても、飾り棚やカーテン、ついたてなどを使って家族みんなの空間からゆるく仕切るだけでも、プライベート感をアップさせることができます。

たまには自分だけの空間でリラックス

7-8D.jpg

自分だけの空間を作り出すためには、ちょっとした工夫をするだけ。なのに、その空間があるとないとでは大違いなのです。家事と自分の時間の切り替えが上手な主婦こそ、家族円満のカギ。ときには自分だけの空間でリラックスして、明日へのチャージをしましょう!

過去のブログ

ページの先頭へ