SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い パート・アルバイト大募集
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

クッションカバーを変えるだけ!部屋を秋冬インテリアに変える方法

おすすめコーディネート

クッションカバーを変えるだけ!部屋を秋冬インテリアに変える方法

部屋の印象を変えたくても、部屋の模様替えをするのは大変......。そんなとき、強い味方となるのがクッションです。季節や好みのテイストに合わせてクッションカバーを交換するだけで、簡単に部屋のイメージを変えることができます。実は、これはプロもよく使うテクニック。インテリアカタログでは、ソファの上にたくさんのクッションを並べた写真が多く掲載されています。クッションカバーを上手にコーディネートして、秋冬らしいインテリアを演出してみましょう。

秋冬らしい色味のクッションをプラス

1.jpg

部屋の雰囲気を秋冬らしいスタイルに変えるには、部屋の中心であるソファまわりからはじめると効果的。ソファ上のクッションのカバーを、秋冬らしい色やトーン(色の明るさや濃さ)のものに変えてみましょう。もちろん、すべてのクッションカバーを変える必要はなく、部分的に取り入れるだけでも、効果が感じられます。

秋冬らしい定番カラーを加える

秋の紅葉や豊かな実りを連想させる秋冬の定番色といえば、暖色系の「茶」や「赤」。そうしたわかりやすい定番色のクッションカバーをプラスするのが、秋冬モードへのいちばんの近道です。
他の色も組み合わせて多色使いしたい場合は、ダークトーンでそろえると色同士がなじみやすく、統一感が生まれます。例えば、ブラウン、モスグリーン、マスタード、ボルドー、ダークバイオレットといった深みのある色のクッションなら、秋冬らしい落ち着いた雰囲気にまとまります。

スモーキーカラーを投入する

秋冬らしい色合い=暖色系カラーと思いがちですが、寒色系カラーでも、部屋の雰囲気を秋冬のイメージに変えることができます。その場合は、スモーキーカラーを選ぶことを意識してみましょう。
スモーキーカラーとは、すこしグレーがかったくすんだ色味のことをいいます。例えばデニムの「青」でも、ユーズド感のあるくすんだインディゴブルーなら、ぐっと落ち着いた印象に。寒い時期のインテリアにもすんなりとなじみます。
スモーキーカラーは、その色味の元であるグレーとの相性が抜群。そのため、チャコールのレザークッション、グレーのニット編みクッション、くすんだインディゴブルーのデニムクッションといった具合に並べてみると、ビンテージ感のあるこなれた感じの秋冬インテリアが実現します。

ぬくもり感のある素材で、寒さ対策も完璧に

2.jpg

秋冬らしさの演出には、素材の質感や肌触りも大事なポイント。クッションカバーにも、ベルベット、ファー、ニットなどのぬくもり感のある素材を選べば、見た目だけでなく、あたたかさも格段にアップして実用性もあります。寒い日に思わずぎゅっと抱きしめたくなるような、ふわふわもこもことした素材のクッションを用意しておけば、寒さ対策も万全ですね。

秋冬のクッションカバーをおしゃれに見せるには?

3.jpg

クッションでインテリアを簡単にセンスよく見せるには、素材をミックスして、変化をつけてみましょう。レザー、ファー、ベルベット、スエード、ニットなどの秋冬素材から、あえてイメージの異なる素材を組み合わせるのが、おしゃれ上級者に見せるコツです。素材から思い浮かぶイメージと、その反対のものを考えながら、コーディネートしてみましょう。

ハードな素材とソフトな素材をミックス

ハードな印象のレザークッションには、ふんわりやわらかな印象のラビットファーのクッションを合わせてみましょう。同じ素材のクッションばかりを並べるよりも、ぐっとおしゃれな雰囲気に変わります。
複数のクッションを置くスペースがなければ、ひとつのクッションカバーに複数の素材がミックスされたデザインのものを選ぶといいでしょう。レザーのパイピングが付いたクッションや、表裏に異なる素材が使われたクッションなら、ひとつでも同じような効果が得られますよ。

柄物をプラスして、個性的なスタイルに

クッションカバーの柄に変化を付けて、おしゃれに見せる方法もあります。無地のクッションカバーのなかに、柄もののクッションをひとつかふたつ加えると、スタイルに個性が加わります。例えば、チェックやアニマル柄、フラワー刺繍入りといったデザインのクッションカバーを取り入れてみましょう。トラッド、ラグジュアリー、オリエンタルといった新たなテイストが加わってインテリアのおしゃれ度がアップしますよ。

カバー選びを楽しみながら、あたたかな部屋作りを

4.jpg

クッションカバーを変えれば、部屋のインテリアを簡単に秋冬モードに変身させることができます。色を工夫したり、素材の組み合わせを考えたり、あれこれカバー選びをするのも楽しい時間。本格的な寒さを前に、クッションカバーを上手に使って、秋冬らしいインテリアに賢く模様替えしてみませんか?

過去のブログ

ページの先頭へ