SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い 法人のお客様へ パート・アルバイト大募集 社長ブログ
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

新入社員海外研修レポート2020年⑥

総合案内

新入社員海外研修レポート2020年⑥

2020年2月18日~2月23日、新入社員海外研修が行われました。現地の工場の視察を中心にタイのバンコク・ラヨーンを巡りました。参加者のレポートをご紹介致します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2020年2月18日~23日の六日間私たちはタイで研修を行いました。主な視察先はバンコク周辺と南部のラヨーン地区を訪れました。これらの地区で様々な工場を視察し、商品開発に携わる方々の仕事の様子や現地で働いている方々の様子などを視察し、そこで得たことをここに報告させていただきます。

工場視察1日目
 タイでの視察の初日はバンコク周辺の二軒の工場を訪問しました。一軒目の工場では試作品の学習机とベッドを囲み、使用する材木ごとに現れる特徴や来季を見据えた販売方法のアイデア、購買率を上げるためのデザインの改善方法などを見ることができました。その後は実際の商品が製造されているラインを見学し、大型の家具がどのように作られているのかを学びました。

image0[47]-1.jpg

image1[48]-1.jpg

 二軒目も一軒目に続き学習机とベッドの試作品を見て、それらについての意見交換の場が設けられていました。ここでは高価なものに見劣りしない製品を低価格で提供するための工夫が考案されていました。そこには多くの人の知恵と技術が集結させられているのだと感じることができました。

image0[49]-1.jpg

image1[50]-1.jpg
 
この日は初めて家具製造の工場を見学させていただき、実際に製造に携わっている方々と顔を合わせたことで今後自分たちが北海道で販売する家具の一つ一つは現場の人の手で作られているという実感を得て、責任感を持つことができました。


工場視察2日目
 視察2日目はタイ南部のラヨーン地区へ移動し、二軒の工場を訪れました。最初の工場は主にダイニングセットを製造しており、使用する木材の違いによる製品の見た目の変化の仕方や輸送の際にかかるコストについての学びを得ることができました。また、ダイニングテーブルの製造コストを抑える方法やダイニングチェアに込められた消費者が使いやすくなるような工夫などを多く見ることができました。

image0[52]-1.jpg

image1[53]-1.jpg
 
二軒目はソファ工場を訪問しました。ここではソファという大きな製品の作り方、低コストの輸送方法や製品に使用される皮の種類と特徴を学びました。一口に「皮」といっても使用されているものには様々な種類があり、製品やニーズごとに適したものがあるということに驚きました。

image0[55]-1.jpg
 

工場視察3日目
 この日もラヨーン地区の工場二軒を訪ねました。一軒目は非常に大きな工場でした。ここでは多種多様な製品を製造しており、中でも特徴的だったのは無垢材を使用した製品とドリアンの木を使用した製品が興味深かったです。また、この工場は敷地内に輸出前の商品を保存しておく倉庫を併設していました。このような工場は珍しいらしく、商品の管理方法など貴重なお話を伺うことができました。

image0[57]-1.jpg

image1[58]-1 .jpg
 
二軒目も大規模な工場で、ベッドや食器棚など様々なものを製造していました。そこでは試作品として用意されていた製品を見ながら工場側の方々と意見交換をしながらより良いものにしようとする熱意を間近で見ることができました。工場見学の際はこれまでに見た製造ラインとは異なる方法で製造が効率化されており、大変驚きました。

image0[60]-1.jpg

image1[61]-1.jpg


工場視察4日目
 視察4日目はラヨーン地区で二軒の工場を訪ねた後、再びバンコクへと戻りました。初めの工場はダイニングセットの製造を主としていて、そのための機械がとても充実している印象でした。工場全体を大きく使用した製造ラインはこの日が休日だったのもあり、全体が稼働しているところは見ることができませんでしたが動いていれば迫力があっただろうなと思いました。

image0[63]-1.jpg

image1[64]-1.jpg
 
二軒目も同様にダイニングセットを製造しており。ショールームには様々な形、大きさのものがありました。ここでは消費者層のターゲットを絞り、どのようなデザインならより売れるかなどの相談がなされていました。また、製品のデザインや色味によって変化するダイニングルームの雰囲気や椅子に施された快適さを高める工夫を学ぶことができました。

image0[66]-1.jpg

image1[67]-1.jpg

まとめ
 今回の研修旅行では普通では見ることのできない貴重な現場を数多く見学させていただき、自分がこの会社の一員としてこれらの製品を販売していくのだということを実感しました。様々な人たちがより良い物を消費者に届けようと真摯な姿勢で商品開発に携わっていることを知り、社員の一員として、一消費者として嬉しく思いました。自分もいつかそのような熱意ある仕事をしたいというモチベーションが高まる経験になりました。

過去のブログ

ページの先頭へ