SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い 法人のお客様へ パート・アルバイト大募集 社長ブログ
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

新入社員海外研修レポート2020年⑤

総合案内

新入社員海外研修レポート2020年⑤

2020年2月18日~2月23日、新入社員海外研修が行われました。現地の工場の視察を中心にタイのバンコク・ラヨーンを巡りました。参加者のレポートをご紹介致します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2020年2月18日から2月23日にかけて海外研修を行いました。タイのバンコク、ラヨーンを訪れ、家具の生産現場、開発現場などの視察をしました。今回の研修で学んだことの一部をご紹介いたします

〇バンコク(2月19日~20日)

コストカットのために、家具の背面や引き出しの底板等、普段見えにくい部分は安価であるベニヤ板が使用されていました。
また木材の小片を圧縮して固めて作られた安価なパーティクルボードに木目がプリントされた紙を貼った合板も家具の所々に使用されていました。
これらにより、そのままの木材だけで作られた家具よりも、消費者に安く家具を提供することができているということを学びました。だからといって見た目が安っぽいというわけではなく、木目の具合やデザイン等がこだわりぬかれて商品が作られていました。

写真1-1.jpg

写真2-1.jpg

社長から伺った話の中で、今までは「家具のデザインから部屋のコーディネート」を行っていたが、これからは「部屋全体のコーディネートからそれに合う家具を選ぶ」という風にしていきたいという話が印象的でした。先に部屋のイメージを決めることで、全体雰囲気や色の統一感が生まれていくように感じました。

写真3-1.jpg


〇ラヨーン(2月21日~23日)

海外からの輸送費、国内の輸送費と利益率の違いについて教えていただきました。元々は海外からの輸送費は高いというイメージがありましたが、人件費や使用する港などにより、売れた時には利益率が大きくなることが分かりました。

写真4-1.jpg

写真5-1.jpg

木目等がプリントされた紙にも多く種類があり、家具のデザインの多様化につながっていました。

写真6-1.jpg

細い木材に接着剤を塗り、機械に並べて圧着させて一つの大きな板を作っていました。

写真7-1.jpg

写真8-1.jpg

写真9-1.jpg

3Dの図面を取り込み、自動で木を削る機械です。複雑なデザインにも対応しており、手作業よりもはるかに早く、効率的に作業が進められていました。

写真10-1.jpg

圧力を加えることにより家具の耐久性をチェックすることができる機械です。特にイスでは日常的に人の全体重がかけられている家具なので、
このような機械で品質を確認することの重要性がかなり感じられました。

写真11-1.jpg

とある工場の視察では、食器棚のデザインについて現地の方々と話し合われていました。
窓部分の素材や木材の色、棚の高さなど、一つ一つの部分に時間をかけて細かく打ち合わせが行われていました。価格交渉についても笑顔で現地の方々と楽しそうに話されているのが印象的でした。

写真12-1.jpg


〇研修を終えて
家具の生産現場、開発現場の視察では、今後必要になる販売員としての知識から貿易の知識など、様々なことを学ぶことができました。
知識としてだけではなく実際に商品を触れることによって皮や木材の質感の違いなどを感じ取ることができ、メディアだけではわからないことを学ぶとても良い経験となりました。
最後になりますが、お忙しい中今回の研修に携わってくださったすべての方々に感謝いたします。この海外研修で得た経験、知識を今後の職務に活かしていきたいと思います。
ありがとうございました。

過去のブログ

ページの先頭へ