SWEET DECORATION

スイートな上質を、
おうちにデコレーション。

スイートデコレーションわたしたちの想い パート・アルバイト大募集
コールセンター 10:00-18:00 (年中無休)

コールセンター

固定電話から (通話料無料)
フリーダイヤル0120-510-180

携帯・PHSから(通話料有料)
有料011-871-1728

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント

毎月お得なクーポン配信中
LINE@@sweet-deco毎月お得なクーポン配信中

秋のインテリアはブルックリン・ヴィンテージスタイルを取り入れよう!

おすすめコーディネート

秋のインテリアはブルックリン・ヴィンテージスタイルを取り入れよう!

いま、ブルックリン・ヴィンテージスタイルが人気です。アメリカ・ニューヨーク発のトレンドで、背伸びせずに真似でき、性別を選ばないテイストなのでカップルやファミリーにもおすすめです。この秋のインテリアに取り入れてみませんか? 

ブルックリン・ヴィンテージスタイルとは?

53cc43093d25c63b38f9308ef1ff8a82_s.jpg

ブルックリンはニューヨークにある区の名前。超高層ビルが立ち並ぶ摩天楼で有名なマンハッタンもニューヨークの区のひとつです。
経済や流行の最先端を行くマンハッタンは、タイムズスクエアやセントラルパークなど有名スポットが集まるにぎやかなエリア。一方ブルックリンには高い建物が少なく、古き良き時代の空気感が残っています。家賃がマンハッタンほど高くなく、のどかな雰囲気があるブルックリン。ニューヨークを拠点にするアーティストたちが等身大の暮らしを求めて、いまブルックリンに集まっています。
古いものを生かしつつ、新しいものを創造していく。そんな職人気質が息づくブルックリンでは、ヴィンテージとモダンの融合やハンドメイドスタイルが自然に育まれています。アーティストが集まる土地柄、奇抜なデザインや個性的なアイテムに出会えるのもブルックリンの良さ。いろいろなテイストが混ざり合うことで、洗練されすぎない居心地の良さを生み出しています。
その暮らしをお手本にしたインテリアスタイルがブルックリン・ヴィンテージスタイル。気取らない暮らしを楽しむスタイルは誰にでも取り入れやすく、注目を集めています。

ブルックリン・ヴィンテージスタイルにするコツ

c3da2b2b8277937cfeecc5242db3c384_s.jpg

ブルックリン・ヴィンテージスタイルの部屋を作るコツは「レンガ」「ヴィンテージ感のある家具」「観葉植物」の組み合わせ。この3つをそろえるだけで、一気にブルックリンの雰囲気が出てきます。温かい印象のブラウンと無骨なブラックをメインにカラーを合わせると引き締まりますよ。
適度な生活感もポイントのひとつ。ブルックリン・ヴィンテージスタイルでは、時間の流れを感じられるもの、日々の暮らしを感じられるものがインテリアの大切な要素になっています。

革や木の家具で「ヴィンテージ感」を演出

華やかさはなくても、長く愛せるものを大切にするのがブルックリン・ヴィンテージスタイル。ヴィンテージ感をインテリアに取り入れるには、革を使った家具や雑貨がおすすめ。レトロな革張りのソファをひとつ置くだけでインテリアに安定感が出てきます。人工皮革は水分に強く実用的です。
木も時間の経過を楽しめる素材。木製のチェストはプラスチックにはない、温かみがあります。使えば使うほど味も出てきますよ。

無骨さが味わいを生み出す「マットブラックの金属素材」

かつて倉庫街だったブルックリンには工業的なテイストが色濃く残り、現代のニューヨーカーたちと共存しています。レンガの建物になじむ鉄製の手すり、壁に無機質に張りめぐらされたパイプ......そんな時代の流れや無骨さを演出するのが、ツヤ消しされたマットな金属素材。ブラックの鉄やステンレス、スチールを使用した家具や照明は、ずっとそこにあったような安心感を与えてくれます。

レンガと街路樹のコントラストを「観葉植物」で再現

ブルックリンといえばレンガと街路樹のコントラスト。窓辺にもグリーンが並び、都会の喧騒から離れた穏やかな暮らしを表現してくれます。観葉植物は大きめのものを選ぶと、ブルックリン・ヴィンテージスタイルのワイルド感が引き立ちますよ。

ラフな「英字モチーフ」でブルックリン風を印象づける

アルファベットがインテリアのなかにあると一気に外国の雰囲気になりますよね。しっかりとしたブロック体の英語がブルックリン風。大胆に「BROOKLYN」の文字をあしらったラグは、インテリアにアートを加えてくれます。

秋にぴったりの小粋なインテリアを楽しんで

ab94f9d2a008cb48b927b12c79e97d57_s.jpg

食欲の秋、読書の秋......どんな秋を過ごしていますか? 落ち着いた雰囲気のなかで、小粋に暮らしを楽しむ気持ちがこもったブルックリン・ヴィンテージスタイル。冬支度を整えつつ充実した時間を過ごす、そんな秋にぴったりのインテリアです。

過去のブログ

ページの先頭へ